明日のスターになるべく頑張るワンコ達のお勉強日誌です。TV出演 モデル歴のあるゴールデンのラッキー.アジリティに頑張るトイプー ロビン。おやじを追い越せるか服従訓練の☆ジュニア の訓練日誌 


by saradahimeko7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

行進中の停座

脚側行進して5mラインで犬に座れのコマンドだし 犬のみ停座させ
指導手はそのまま10m進み 対面で審査員の指示の元 犬のそばに戻り
一緒にスタートラインに戻って 犬を脚側停座させる・・・


ジュニアはとにかく停座が遅い。
遅い犬には お尻ペッチンなんだけれど 神経の細い犬は一度されたら 次から
ペチンされない様に 速くすわるのだけれど ジュニアはにぶちん犬なので
ちっとも こたえない・・・なので まだまだ遅い。
今日は遅いどころか すわりかけて そのままたつ姿が何度もあった。

原因は
1 先生のコマンド私のより早くて わかりずらい・・・
2 脚側停座は 「あとえ」なのに 行進中はすわれ なのですわれの意味がまだ
はっきりつかめていない。

1は ゆっくり言ってもらったが  同じであった

2は私は時々ラッキーの癖でその場の伏臥からの座れを「あとえ」ではなくて
座れと コマンドしているので゛ これもあてはまらい。



しかしジュニアには この科目がきっと 自信のないものに違いない

そして 座ろうとしていたのに 指導手がその場を離れ(行進していくので)
お尻をつけてしまう事ができないでいるに違いない。・

よって
私との練習は座れをさせて 離れる 犬の周りを一周する
座れとコマンドされたら うごいてはいけない事を叩き込もうと思う。
よって 待ては 使わない!!

行進中の伏臥も 行進中の立止も動かないのだから  できるはずだ。・
犬にとって 座る事は日常茶飯事なので そのままでいる意識が薄いのかも知れない。

ごはんの時もすばやく座る練習
そしてわざと私が動く・・・犬は釣られて 腰が浮くけれど ここでしかる。
元の位置に戻す・・ を しよう。

しかし  速く座る事には つながらない。
どーーしたものか・・・ まだまだ研究中・・・・伏臥の様に刷り込みしかないかな・・・?

      米米米米米米米

さらだから アデリーさんへ
動画を入れて説明しようと思いましたが
実現できずすみません。 近々しますので待っててくださいね。

犬の性格 犬種 タイプ 時期にもよりますね・・
このお尻ぺチンも 考えてやらなければなりません。

ラッキーはよく打たれ強い犬・・ノー天気ないぬと思われがちでしたが
なんのなんのとっても繊細な犬でした。

これに私もなかなか気がつかなかったのです。
最初はラッキーたんも一生懸命だったのかもしれませんが
もういやというほど オビがわかっているのに
さらにお尻ぺちんで 速くとか 高度な事を要求された場合
犬はなんでなんで/?ってなってきたのかも知れませんけれどね

今このお尻ぺチンで 速くを要求すればジュニアのように毎度していると
ラッキーつぶれてしまいます。

前に更新中の停座でつぶして お伺い・・・もう次はこれだと思うと
テンションが落ちて おどおどっぽくなるんです・・
これが初対面の方には 尻尾も振っているしわからないのですけれど
2年位元にもどすのにかかってしまいました。

今のラッキーにはとても神経を使います。
ジュニアはそれが今はなーーんもわからないからか
ぺちんぺちんと叩かれても・・またづき遅いんですよ・・・(><)
にぶちんで困りますわ・・・。

なのでアデリーさんも何か訓練するとき・・先生の教えをもとに
自主練で取り入れる場合は
よくよくユズ君の性格を把握して やってみた方がよいでしょうね



アデリーさんからの コメント
こんにちは
実はアップされた日から何回も読ませていただいています。
オビを始めたばかりの私にとっては、理解するにも時間がかかります。
サラダさんでさえ、犬によって対応を変えるのに考察を重ねるんですね。

そこのところが難しくて、大事なことだと思います。
自分は自分の方法で犬と向き合う必要がありますよね。

ありがとうございます。
[PR]
by saradahimeko7 | 2007-01-27 23:41 | 行進中の停座